メインコンテンツまでスキップ

RAID フラッシュ電源モジュールの取り付け

このセクションの手順に従って、RAID フラッシュ電源モジュール (スーパーキャップ) を取り付けます。

このタスクについて

潜在的な危険を回避するために、以下の安全に関する注意書きをお読みになり、それに従ってください。
  • S002
    disconnect all power
    注意
    装置の電源制御ボタンおよびパワー・サプライの電源スイッチは、装置に供給されている電流をオフにするものではありません。デバイスには 2 本以上の電源コードが使われている場合があります。デバイスから完全に電気を取り除くには電源からすべての電源コードを切り離してください。
重要
  • 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインをお読みください。

  • コンポーネントが入っている帯電防止パッケージを、サーバーの塗装されていない金属面に接触させます。次に、それをパッケージから取り出し、帯電防止板の上に置きます。

動画で見る
  • 次のリンクから、この手順を説明した YouTube

手順

モデルによっては、ご使用の RAID フラッシュ電源モジュールの外観は、図と若干異なる場合があります。

  1. RAID フラッシュ電源モジュールをブラケットに取り付けます。
    1. RAID フラッシュ電源モジュールをブラケットと位置合わせします。
    2. モジュールの他方の端を内側に回転させて、ブラケットにしっかりと固定します。
    図 1. ブラケットへの RAID フラッシュ電源モジュールの取り付け
    Installing the RAID flash power module into the bracket
  2. RAID フラッシュ電源モジュールとブラケット・アセンブリーをシャーシに合わせ、ブラケットのタブをシャーシの対応する穴に通します。図のように、アセンブリがシャーシに固定されるまで移動します。
    図 2. RAID フラッシュ電源モジュールとブラケット・アセンブリーのシャーシへの取り付け
    Installing the RAID flash power module and bracket assembly onto the chassis
  3. RAID フラッシュ電源モジュール・ケーブルを RAID アダプターに接続します。侵入検出スイッチおよび RAID フラッシュ電源モジュールを参照してください。
    9350-8i または 9350-16i RAID アダプターのコネクターに差し込むときは、図のように RAID フラッシュ電源モジュール・ケーブル・コネクターが完全に取り付けられていることを確認します。


このタスクの完了後

部品交換を完了します。部品交換の完了 を参照してください。