メインコンテンツまでスキップ

ファームウェア更新

ソリューションのファームウェア更新には、いくつかのオプションを使用できます。

以下にリストされているツールを使用して、ご使用のソリューションおよびソリューションに取り付けられているデバイスを最新のファームウェアに更新できます。

Lenovo は通常、UpdateXpress システム・パック (UXSP) と呼ばれるバンドルでファームウェアをリリースしています。すべてのファームウェア更新に互換性を持たせるために、すべてのファームウェアを同時に更新する必要があります。Lenovo XClarity Controller と UEFI の両方のファームウェアを更新する場合は、最初に Lenovo XClarity Controller のファームウェアを更新してください。

ファームウェアの更新に関するベスト・プラクティスは、以下の場所で入手できます。

ThinkSystem ファームウェアおよびドライバー更新のベスト・プラクティス

重要な用語

  • インバンド更新。ノードのコア・プロセッサーで稼働するオペレーティング・システム内のツールまたはアプリケーションを使用してインストールまたは更新が実行されます。

  • アウト・オブ・バンド更新Lenovo XClarity Controller が更新を収集してから、ターゲット・サブシステムまたはデバイスに更新を指示することで、インストールまたは更新が実行されます。アウト・オブ・バンド更新では、コア・プロセッサーで稼働するオペレーティング・システムに依存しません。ただし、ほとんどのアウト・オブ・バンド操作では、ソリューションが S0 (稼働) 電源状態である必要があります。

  • オン・ターゲット更新。ソリューションのオペレーティング・システムで稼働するオペレーティング・システムからインストールまたは更新が実行されます。

  • オフ・ターゲット更新。ソリューションの Lenovo XClarity Controller と直接やり取りするコンピューティング・デバイスからインストールまたは更新が実行されます。

  • UpdateXpress System Packs (UXSPs)。UXSP は、互いに依存するレベルの機能、パフォーマンス、互換性を提供するように設計されテストされたバンドル更新です。UXSP は、ソリューションのマシン・タイプ固有であり、特定の Windows Server、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および SUSE Linux Enterprise Server (SLES) オペレーティング・システム・ディストリビューションをサポートするように (ファームウェアおよびデバイス・ドライバーの更新で) 作成されています。マシン・タイプ固有ファームウェア専用の UXSP も使用できます。

ファームウェアのインストールとセットアップに使用する最適な Lenovo ツールを判別するには、次の表を参照してください。

オプション ROM のサーバー UEFI 設定を「自動」または「UEFI」に設定して、Lenovo XClarity Administrator または Lenovo XClarity Essentials を使用してファームウェアを更新する必要があります。詳細については、次の技術ヒントを参照してください。

オプション ROM をレガシーに設定すると、「UEFI:DXE INIT」を使用した UEFI ブート時に ThinkSystem サーバーがハングする

ツールインバンド更新アウト・オブ・バンド更新オン・ターゲット更新オフ・ターゲット更新グラフィカル・ユーザー・インターフェースコマンド・ライン・インターフェースUXSP のサポート
Lenovo XClarity Provisioning Manager

コア・システム・ファームウェアのみに制限されています。

2   
Lenovo XClarity Controller

コア・システム・ファームウェア更新および最も高度な I/O オプションのファームウェア更新をサポートします。

   
Lenovo XClarity Essentials OneCLI

すべてのコア・システム・ファームウェア、I/O ファームウェアおよびインストール済みのオペレーティング・システムのドライバーの更新をサポートします

   
Lenovo XClarity Essentials UpdateXpress

すべてのコア・システム・ファームウェア、I/O ファームウェアおよびインストール済みのオペレーティング・システムのドライバーの更新をサポートします

   
Lenovo XClarity Essentials Bootable Media Creator

コア・システム・ファームウェア更新および I/O ファームウェア更新をサポートします。Microsoft® Windows® オペレーティング・システムを更新することはできますが、起動可能なイメージにはデバイス・ドライバーは含まれていません。

   
Lenovo XClarity Administrator

コア・システム・ファームウェア更新および I/O ファームウェア更新をサポートします。

12   
  1. I/O ファームウェア更新の場合。

  2. BMC および UEFI ファームウェア更新の場合。

最新のファームウェアは、以下のサイトにあります。

ドライバーおよびソフトウェア Web サイト

  • Lenovo XClarity Provisioning Manager

    Lenovo XClarity Provisioning Manager から、Lenovo XClarity Controller ファームウェア、UEFI ファームウェア、Lenovo XClarity Provisioning Manager ソフトウェアを更新できます。

    デフォルトでは、Lenovo XClarity Provisioning Manager グラフィカル・ユーザー・インターフェースは、F1 を押すと表示されます。このデフォルトをテキスト・ベースのシステム・セットアップに変更した場合は、テキスト・ベースのシステム・セットアップ・インターフェースからグラフィカル・ユーザー・インターフェースを起動できます。

    Lenovo XClarity Provisioning Manager を使用したファームウェアの更新に関する追加情報は、以下から入手できます。

    XClarity Provisioning Manager 経由のプラットフォーム更新

  • Lenovo XClarity Controller

    特定の更新をインストールする必要がある場合、特定のソリューションに Lenovo XClarity Controller インターフェースを使用できます。
    • Windows または Linux でインバンド更新を実行するには、オペレーティング・システム・ドライバーがインストールされており、Ethernet-over-USB (LAN over USB と呼ばれることもあります) インターフェースが有効になっている必要があります。

      Ethernet over USB の構成に関する追加情報は、以下から入手できます。

      Ethernet over USB の構成

    • Lenovo XClarity Controller を経由してファームウェアを更新する場合は、ソリューションで実行されているオペレーティング・システム用の最新のデバイス・ドライバーがダウンロードおよびインストールされていることを確認してください。

    Lenovo XClarity Controller を使用したファームウェアの更新に関する特定の詳細情報は、以下から入手できます。

    Lenovo XClarity Controller を使用したファームウェアの更新

  • Lenovo XClarity Essentials OneCLI

    Lenovo XClarity Essentials OneCLI は、Lenovo のソリューションとサーバーの管理に使用できる複数のコマンド・ライン・アプリケーションのコレクションです。これの更新アプリケーションを使用して、ソリューションのファームウェアおよびデバイス・ドライバーを更新できます。更新は、ソリューション (インバンド) のホスト・オペレーティング・システム内で、またはソリューション (アウト・オブ・バンド) の BMC を介してリモートで実行できます。

    Lenovo XClarity Essentials OneCLI を使用したファームウェアの更新に関する特定の詳細情報は、以下から入手できます。

    Lenovo XClarity Essentials を使用したファームウェアの更新

  • Lenovo XClarity Essentials UpdateXpress

    Lenovo XClarity Essentials UpdateXpress は、グラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) を介して OneCLI のほとんどの更新機能を提供します。これを使用して、UpdateXpress System Pack (UXSP) 更新パッケージおよび個別の更新を取得してデプロイします。UpdateXpress System Packs には、Microsoft Windows と Linux のファームウェアおよびデバイス・ドライバーの更新が含まれます。

    Lenovo XClarity Essentials UpdateXpress は、次の場所から入手できます。

    Lenovo XClarity Essentials UpdateXpress Web サイト
  • Lenovo XClarity Essentials Bootable Media Creator

    さらに、Lenovo XClarity Essentials Bootable Media Creator を使用して、ファームウェア更新の適用およびプリブート診断の実行に適したブート可能メディアを作成し、Microsoft Windows オペレーティング・システムをデプロイすることができます。

    Lenovo XClarity Essentials BoMC は、以下の場所から入手できます。

    XClarity Essentials Bootable Media Creator Web サイト

  • Lenovo XClarity Administrator

    Lenovo XClarity Administrator を使用して複数のソリューションを管理している場合は、このインターフェースを使用してすべての管理対象ソリューションでファームウェアを更新できます。ファームウェア管理は管理対象エンドポイントに対してファームウェア・コンプライアンス・ポリシーを割り当てることによって簡略化されます。コンプライアンス・ポリシーを作成して管理対象エンドポイントに割り当てると、Lenovo XClarity Administrator はこれらのエンドポイントに対するインベントリーの変更を監視し、コンプライアンス違反のエンドポイントにフラグを付けます。

    Lenovo XClarity Administrator を使用したファームウェアの更新に関する特定の詳細情報は、以下から入手できます。

    Lenovo XClarity Administrator を使用したファームウェアの更新