メインコンテンツまでスキップ

ストレージ・ドライブの問題

ストレージ・ドライブに関連した問題を解決するには、この情報を使用します。

サーバーがドライブを識別しない

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  1. ターゲットの黄色のドライブ状況 LED を確認します。LED が点灯している場合、ドライブに障害があることを示します。

  2. 状況 LED が点灯している場合は、ベイからドライブを取り外し、45 秒間待ちます。その後ドライブを再挿入します。ドライブ・アセンブリーがドライブ・バックプレーンに接続されていることを確認します。

  3. ターゲットの緑色のドライブ活動 LED および黄色の状況 LED を確認し、以下のような状況に応じて操作を実行します。

    • 緑色の活動 LED が点滅していて、黄色の状況 LED が点灯していない場合、コントローラーがドライブを識別し、正常に作動していることを示します。ドライブに対して診断テストを実行します。サーバーを起動し、画面の指示に従ってキーを押すと、 デフォルトでは、LXPM インターフェースが表示されます(詳細については、Lenovo XClarity Provisioning Manager ポータル・ページ にあるご使用のサーバーと互換性のある LXPM に関する資料の起動セクションを参照してください)。診断ページで、「診断の実行」 > 「HDD テスト」の順にクリックします。

    • 緑色の活動 LED が点滅していて、黄色の状況 LED がゆっくり点滅している場合、コントローラーがドライブを識別し、再作成していることを示します。

    • いずれの LED も点灯または点滅していない場合は、ドライブ・バックプレーンが正しく取り付けられているかどうかを確認します。詳細については、ステップ 4 に進んでください。

    • 緑色の活動 LED が点滅していて、黄色の状況 LED が点灯している場合、ドライブを交換します。

  4. ドライブ・バックプレーンが正しく装着されていることを確認します。正しく取り付けられている場合、バックプレーンを曲げたり、動かすことなく、ドライブ・アセンブリーをバックプレーンに正常に接続することができます。

  5. バックプレーン電源ケーブルを取り付け直し、ステップ 1 から 3 までを繰り返します。

  6. バックプレーン信号ケーブルを取り付け直し、ステップ 1 から 3 までを繰り返します。

  7. バックプレーン信号ケーブルまたはバックプレーンに問題がある可能性があります。

    • 影響を受けたバックプレーン信号ケーブルを交換します。

    • 影響を受けたバックプレーンを交換します。

  8. ドライブに対して診断テストを実行します。サーバーを起動して F1 を押すと、デフォルトでは、LXPM インターフェースが表示されます(詳細については、Lenovo XClarity Provisioning Manager ポータル・ページ にあるご使用のサーバーと互換性のある LXPM に関する資料の起動セクションを参照してください)。このインターフェースからドライブ診断を実行できます。診断ページで、「診断の実行」 > 「HDD テスト」の順にクリックします。

    これらのテストに基づいて以下を実行します。
    • バックプレーンがテストに合格したがドライブが認識されない場合は、バックプレーン信号ケーブルを交換してテストを再度実行します。

    • バックプレーンを交換します。

    • アダプターがテストに失敗する場合は、バックプレーン信号ケーブルをアダプターから切り離してから再度テストを実行します。

    • アダプターがこのテストに失敗する場合は、アダプターを交換します。

複数のドライブに障害が発生した

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  • Lenovo XClarity Controller イベント・ログを調べて、パワー・サプライまたは振動に関連する他のイベントを確認し、それらのイベントを解決します。

  • ドライブとサーバーのデバイス・ドライバーおよびファームウェアが最新レベルになっていることを確認します。

重要
一部のクラスター・ソリューションには、特定のコード・レベルまたは調整されたコード更新が必要です。デバイスがクラスター・ソリューションの一部である場合は、コードをアップデートする前に、最新レベルのコードがクラスター・ソリューションでサポートされていることを確認してください。

複数のドライブがオフラインである

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  • Lenovo XClarity Controller イベント・ログを調べて、パワー・サプライまたは振動に関連する他のイベントを確認し、それらのイベントを解決します。

  • ストレージ・サブシステム・ログを調べて、ストレージ・サブシステムに関連するイベントを確認し、それらのイベントを解決します。

交換したドライブが再ビルドされない

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  1. ドライブがアダプターに認識されているか (緑色のドライブ活動 LED が点滅しているか) 確認します。

  2. SAS/SATA RAID アダプターの資料を検討して、正しい構成パラメーターおよび設定値か判別します。

緑色ドライブ活動 LED が、関連するドライブの実際の状態を表示しない

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  1. ドライブを使用しているときに緑色ドライブ活動 LED が点滅しない場合は、ドライブに対して診断テストを実行してください。サーバーを起動して F1 を押すと、デフォルトでは、LXPM インターフェースが表示されます(詳細については、Lenovo XClarity Provisioning Manager ポータル・ページ にあるご使用のサーバーと互換性のある LXPM に関する資料の起動セクションを参照してください)。 このインターフェースからドライブ診断を実行できます。診断ページで、「診断の実行」 > 「HDD テスト」の順にクリックします。

  2. ドライブがテストをパスする場合、バックプレーンを交換します。

  3. ドライブがテストを失敗する場合、ドライブを交換します。

黄色のドライブ状況 LED が、関連するドライブの実際の状態を表示しない

問題が解決するまで、以下のステップを実行します。
  1. サーバーの電源をオフにします。

  2. SAS/SATA アダプターを取り付け直します。

  3. バックプレーン信号ケーブルおよびバックプレーン電源ケーブルを取り付け直します。

  4. ドライブを取り付け直します。

  5. サーバーの電源をオンにして、ドライブ LED の活動を確認します。

U.3 NVMe ドライブは NVMe 接続で検出できるが、トライモードで検出できない

トライモードでは、NVMe ドライブは、PCIe x1 リンクを介してコントローラーに接続されます。U.3 NVMe ドライブを使用したトライモードをサポートするには、XCC Web GUI を使用して、バックプレーン上の選択したドライブ・スロットで U.3 x1 モードを有効にする必要があります。デフォルトでは、バックプレーンの設定は U.2 x4 モードです。

以下の手順に従って U.3 x1 モードを有効にします。
  1. XCC Web GUI にログインし、左側のナビゲーション・ツリーから「ストレージ」 > 「詳細」を選択します。

  2. 表示されるウィンドウで、「バックプレーン」の横にあるアイコン をクリックします。

  3. 表示されるダイアログ・ボックスで、ターゲット・ドライブ・スロットを選択し、「適用」をクリックします。

  4. DC 電源サイクルを行って、設定を有効にします。