メインコンテンツまでスキップ

サービス・データの収集

サーバーの問題の根本原因をはっきり特定するため、または Lenovo サポートの依頼によって、詳細な分析に使用できるサービス・データを収集する必要がある場合があります。サービス・データには、イベント・ログやハードウェア・インベントリーなどの情報が含まれます。

サービス・データは以下のツールを使用して収集できます。
  • Lenovo XClarity Provisioning Manager

    Lenovo XClarity Provisioning Manager のサービス・データの収集機能を使用して、システム・サービス・データを収集します。既存のシステム・ログ・データを収集するか、新しい診断を実行して新規データを収集できます。

  • Lenovo XClarity Controller

    Lenovo XClarity Controller Web インターフェースまたは CLI を使用してサーバーのサービス・データを収集できます。ファイルは保存でき、Lenovo サポートに送信できます。
  • Chassis Management Module 2 (CMM 2)

    CMM 2 のサービス・データのダウンロード機能を使用して、計算ノードのサービス・データを収集します。

    CMM 2 からのサービス・データのダウンロードについて詳しくは、CMM のサービスおよびサポートのオプションを参照してください。

  • Lenovo XClarity Administrator

    一定の保守可能イベントが Lenovo XClarity Administrator および管理対象エンドポイントで発生した場合に、診断ファイルを収集し自動的に Lenovo サポートに送信するように Lenovo XClarity Administrator をセットアップできます。Call Homeを使用して診断ファイルを Lenovo サポート に送信するか、SFTP を使用して別のサービス・プロバイダーに送信するかを選択できます。また、手動で診断ファイルを収集したり、問題レコードを開いたり、診断ファイルを Lenovo サポート・センターに送信したりもできます。

    Lenovo XClarity Administrator 内での自動問題通知のセットアップに関する詳細情報はLenovo サポートへの自動問題通知 (コール・ホーム) のセットアップで参照できます。

  • Lenovo XClarity Essentials OneCLI

    Lenovo XClarity Essentials OneCLI には、サービス・データを収集するインベントリー・アプリケーションがあります。インバンドとアウト・オブ・バンドの両方で実行できます。サーバーのホスト・オペレーティング・システムで実行する場合、OneCLI では、ハードウェア・サービス・データに加えて、オペレーティング・システム・イベント・ログなどオペレーティング・システムに関する情報を収集できます。

    サービス・データを取得するには、getinfor コマンドを実行できます。getinfor の実行についての詳細は、Lenovo XClarity Essentials getinfor コマンドを参照してください。