メインコンテンツまでスキップ

計算ノードの取り外し

計算ノードを取り外すには、この情報を使用します。

計算ノードを取り外す前に、以下のステップを実行してください。
  1. 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインおよび 安全についてをお読みください。

  2. 計算ノードが稼働中の場合は、オペレーティング・システムをシャットダウンします。
  3. 電源ボタンを押して計算ノードの電源をオフにします (手順については、計算ノードの電源をオフにする を参照)。

計算ノードを取り外すには、以下のステップを実行してください。

手順を参照してください。プロセスをビデオでご覧いただけます。
図 1. 計算ノードの取り外し
計算ノードの取り外しを示す図

  1. 前面ハンドルを外してオープン位置まで完全に回転させ、図のようにノードをノード・ベイから約 0.6 cm (0.25 インチ) 引き出します。
    重要
    • 適切なシステム冷却を維持するために、各ノード・ベイに計算ノードまたはノード・ベイ・フィラーのいずれも取り付けずに Flex System シャーシを稼働させないでください。
    • 計算ノードを取り外す場合は、ノード・ベイ番号をメモしてください。計算ノードを取り外したときとは別のノード・ベイに再取り付けすると、予期しない影響がある可能性があります。一部の構成情報および更新は、ノード・ベイ番号に従って設定されます。計算ノードを別のノード・ベイに再取り付けする場合は、計算ノードの再構成が必要になる場合があります。
  2. 計算ノードをノード・ベイから半分ほど引き出します。両手でノードの側面をそれぞれ掴み、ノードをベイから引き出します。
  3. ノード・ベイには、ノード・ベイ・フィラーまたは別の計算ノードを取り付けてください。

計算ノードの返却を求められた場合は、パッケージング方法の説明に従い、パーツがお手元に届いたときの配送用パッケージ材がある場合は、それを使用して荷造りしてください。