メインコンテンツまでスキップ

技術仕様

サーバーの技術仕様の要約です。ご使用のモデルによっては、使用できない機能があったり、一部の仕様が該当しない場合があります。仕様に関する最新情報は、常に Lenovo Press Web サイト で提供されています。

プロセッサー
第 4 世代 AMD® EPYCTM プロセッサー (5nm プロセス・テクノロジーを使用) がサポートされます。
  • 新しい LGA 6096 (SP5) ソケットを搭載した 1 個のプロセッサー
  • 最大 96 個の Zen4 コア (192 スレッド)
  • 最大 4 個の xGMI3 リンク (最大 32 GT/秒)
  • 構成可能な最大熱設計電源 (cTDP): 最大 400 ワット

サポートされるプロセッサーのリストについては、Lenovo ServerProven Web サイト を参照してください。

メモリー

メモリー構成およびセットアップの詳細については、メモリー・モジュールの取り付けの規則および順序を参照してください。

  • スロット: 12 個のメモリー・モジュール (DIMM) スロット
  • メモリー・モジュール・タイプ:
    • TruDDR5 4800MHz RDIMM: 16 GB (1Rx8)、32 GB (2Rx8)

    • TruDDR5 4800MHz 10x4 RDIMM: 32 GB (1Rx4)、64 GB (2Rx4)、96GB (2Rx4)

    • TruDDR5 4800MHz 9x4 RDIMM: 32 GB (1Rx4)、64 GB (2Rx4)

    • TruDDR5 4800MHz 3DS RDIMM: 128 GB (4Rx4)、256 GB (8Rx4)

  • 容量:
    • 最小: 16 GB (1 x 16 GB RDIMM)
    • 最大: 3 TB (12 x 256 GB 3DS RDIMMs)
  • 速度:
    • 作動速度は、プロセッサー・モデルおよび UEFI 設定によって異なります。

    • 最大速度: 4,800 MT/秒

サポートされているメモリー・モジュールのリストについては、Lenovo ServerProven Web サイト を参照してください。

内蔵ドライブ
  • 前面:

    • 最大 4 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブ

    • 最大 4 台の 2.5 型ホット・スワップ NVMe ドライブ

    • 最大 4 個の 2.5 型ホット・スワップ AnyBay ドライブ

    • 最大 8 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブ

    • 最大 6 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブおよび 4 台の 2.5 型ホット・スワップ AnyBay (SAS/SATA/NVMe) ドライブ

    • 最大 6 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブおよび 2 台の 2.5 型ホット・スワップ AnyBay (SAS/SATA/NVMe) ドライブ、および 2 台の 2.5 型ホット・スワップ NVMe ドライブ

    • 最大 10 台の 2.5 型ホット・スワップ NVMe ドライブ

    • 最大 10 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブ

    • 最大 10 台の 2.5 型ホット・スワップ AnyBay (SAS/SATA/NVMe) ドライブ

    • 最大 16 台のホット・スワップ EDSFF ドライブ

  • 内蔵:

    最大 2 台の 内部 SATA または NVMe M.2 ドライブ

  • 背面:

    • 最大 2 台の 2.5 型ホット・スワップ SAS/SATA ドライブ

    • 最大 2 台の 2.5 型ホット・スワップ NVMe ドライブ

    • 最大 2 台の 7 mm ホット・スワップ SATA または NVMe ドライブ

拡張スロット
モデルに応じて、サーバーは背面に最大 3 個の PCIe スロット、前面に最大 2 個の PCIe スロットをサポートします。
前面の 2 個の PCIe スロットは、4 x 2.5 型シャーシが使用されている場合にのみサポートされます。10 x 2.5 型シャーシではサポートされていません。
  • PCIe x16、ロー・プロファイル

  • PCIe x16/x16、ロー・プロファイル + ロー・プロファイル

  • PCIe x16/x16、ロー・プロファイル + フルハイト

  • PCIe x16、フルハイト

使用できる PCIe スロットは、ライザーの選択によって異なります。背面図PCIe スロットおよびアダプターを参照してください。

ストレージ・コントローラー
  • SAS/SATA HBA アダプター
    • ThinkSystem 440-8i SAS/SATA PCIe Gen4 12Gb HBA

    • ThinkSystem 440-16i SAS/SATA PCIe Gen4 12Gb HBA

    • ThinkSystem 4350-8i SAS/SATA 12Gb HBA

    • ThinkSystem 4350-16i SAS/SATA 12Gb HBA

    • ThinkSystem 440-16i SAS/SATA PCIe Gen4 12Gb Internal HBA

    • ThinkSystem 440-8e SAS/SATA PCIe Gen4 12Gb HBA

    • ThinkSystem 440-16e SAS/SATA PCIe Gen4 12Gb HBA

  • SAS/SATA RAID アダプター

    • ThinkSystem RAID 540-8i PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 540-16i PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 940-8i 4GB Flash PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 940-16i 4GB Flash PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 940-16i 8GB Flash PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 940-16i 8GB Flash PCIe Gen4 12Gb Internal Adapter

    • ThinkSystem RAID 940-8e 4GB Flash PCIe Gen4 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 5350-8i PCIe 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 5350-8i PCIe 12Gb Internal Adapter

    • ThinkSystem RAID 9350-8i 2GB Flash PCIe 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 9350-8i 2GB Flash PCIe 12Gb Internal Adapter

    • ThinkSystem RAID 9350-16i 4GB Flash PCIe 12Gb Adapter

    • ThinkSystem RAID 9350-16i 4GB Flash PCIe 12Gb Internal Adapter

Gen 3 および Gen 4 RAID/HBA アダプターのカテゴリー分け:

  • Gen 4: 440、540、および 940 シリーズ

  • Gen 3: 4350、5350、および 9350 シリーズ

RAID/HBA アダプターについて詳しくは、「Lenovo ThinkSystem RAID アダプターおよび HBA リファレンス」を参照してください。

グラフィックス・プロセッシング・ユニット (GPU)
サーバーは、次の GPU をサポートします。
  • ロー・プロファイル、ハーフサイズ、シングル・ワイド:
    • NVIDIA® A2

内蔵機能および I/O コネクター
  • Lenovo XClarity Controller (XCC) は、サービス・プロセッサーの制御および監視機能、ビデオ・コントローラー、およびリモート・キーボード、ビデオ、マウス、ならびにリモート・ドライブ機能を提供します。
  • 前面コネクター:

    • (オプション) VGA コネクター 1 個

    • (オプション) USB 3.1 第 1 世代 (5 Gbps) コネクター 1 個

    • (オプション) USB 2.0 コネクター 1 個

    • (オプション) 外部診断コネクター 1 個

    これらのコネクターは、前面入出力モジュールがサーバーに取り付けられている場合のみ使用可能です。

  • 背面コネクター:

    • 1 つの VGA コネクター

    • USB 3.1 第 1 世代 (5 Gbps) コネクター 3 個

    • システム管理ネットワークに接続するための XCC システム管理ポート 1 個。この RJ-45 コネクターは Lenovo XClarity Controller 機能専用であり、1 GB の速度で稼働します。
    • OCP モジュールの 2 つまたは 4 つのイーサネット・コネクター (オプション)

    • (オプション) シリアル・ポート・コネクター 1 個

      このコネクターは、シリアル・ポート・ケーブルがサーバーに取り付けられている場合のみ使用可能です。
ネットワーク
  • OCP モジュール

  • OCP モジュールはオプション部品です。デフォルトではサーバーの背面、オプションでサーバーの前面に取り付けます。

  • ThinkSystem V3 管理 NIC アダプター・キットがサーバーに取り付けられている場合、システム管理ソフトウェア の PCIe カード・リスト (XCC、LXPM など) に表示されません。

背面ボタン

背面ボタン
  • NMI ボタン

システム・ファン
  • 最大 7 個のデュアル・ローター・ホット・スワップ・ファン (冗長ファン・ローター 1 個を含む) をサポート

  • 以下の 2 つのファン・タイプをサポート:

    • 標準ファン 4056 (速度: 21,000 RPM)

    • パフォーマンス・ファン 4056 (速度: 28,000 RPM)

システムの電源がオフになっても AC 電源に接続されている場合、ファン 1 と 2 がかなり遅い速度で回転し続けることができます。これは、適切に冷却するためのシステム設計です。

サーバーは、最大 2 個の冗長性用パワー・サプライをサポートします。

表 1. パワー・サプライ・ユニットの電源入力
電源100 ~ 127 V AC200-240 V AC240 V DC-48 V DC

750 ワット 80 PLUS Platinum

 

750 ワット 80 PLUS Titanium

  

1,100 ワット 80 PLUS Titanium

 

1,100 ワット 80 PLUS Platinum

  

1,800 ワット 80 PLUS Platinum

  

1,800 ワット 80 PLUS Titanium

  

1,100 ワット -48V DC

   
注意
  • 240 V DC 入力 (入力範囲: 180 ~ 300 V DC) は、中国本土でのみサポートされています。

  • 240 V DC 入力のパワー・サプライは、電源コードのホット・プラグ機能をサポートしていません。DC 入力でパワー・サプライを取り外す前に、サーバーの電源をオフにしてください。あるいはブレーカー・パネルで、または電源をオフにすることによって DC 電源を切断してください。次に、電源コードを取り外します。

デバッグのための最小構成
  • プロセッサー x 1
  • スロット 7 に 1 個のメモリー・モジュール
  • パワー・サプライ 1 個
  • 1 個の HDD/SSD ドライブまたは M.2 ドライブ (デバッグ用に OS が必要な場合)
  • システム・ファン 5 個
オペレーティング・システム
サポートおよび認定オペレーティング・システム:
  • Microsoft Windows Server

  • VMware ESXi

  • Microsoft Windows

  • Red Hat Enterprise Linux

  • SUSE Linux Enterprise Server

  • Canonical Ubuntu

参照: