メインコンテンツまでスキップ

Lenovo Neptune(TM) 液体から空気モジュールの取り付け

このセクションの手順に従って、液体から空気モジュール (L2AM) を取り付けます。

重要

このタスクの実行は、Lenovo Service によって認定済みのトレーニングを受けた技術員が行う必要があります。適切なトレーニングおよび認定を受けずに取り外しまたは取り付けを行わないでください。

このタスクについて

漏水検知センサー・モジュール・ケーブルの安全情報
S011
sharp edge
注意
鋭利な端、角、またはジョイントが近くにあります。
重要
  • 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインおよび 安全検査のチェックリストをお読みください。

  • サーバーと周辺機器の電源をオフにし、電源コードとすべての外部ケーブルを取り外します。サーバーの電源をオフにするを参照してください。

  • 静電気の影響を受けやすいコンポーネントは取り付け時まで帯電防止パッケージに収め、システム停止やデータの消失を招く恐れのある静電気にさらされないようにしてください。また、このようなデバイスを取り扱う際は静電気放電用リスト・ストラップや接地システムなどを使用してください。

注意
新しいL2AMを出荷ボックスから取り出すときは、配送用トレイが付いたまま コールド・プレート・アセンブリー を持ち上げ、コールド・プレート・アセンブリー 上の熱伝導グリースが損傷しないようにしてください。
対応するねじを正しく取り付け、および取り外しできるよう、以下のドライバーを準備してください。
トルク・ドライバー・タイプ・リストねじタイプ
Torx T30 プラス・ドライバーTorx T30 ねじ

手順

  1. サーバーを準備します。
    1. 漏水検知センサー・モジュール・ホルダーをシャーシに取り付けます。


      1. 漏水検知センサー・モジュール・ホルダーをシャーシ上の対応するねじ穴に位置合わせします。

      2. ねじを締め、ホルダーが所定の位置に固定されていることを確認します。

    2. ラジエーター・トレイをシャーシに取り付けます。


      1. トレイをシャーシ内に平らに置き、トレイのねじ穴がシャーシの穴と合うように右に移動します。

      2. ねじを締めます。

  2. 配送用トレイから L2AM モジュールを分離します。


    1. L2AM モジュール配送用トレイの 6 本のねじを緩めます。
    2. モジュール・ハンドル (L2AM ヒートシンク・ブラケット)を使ってL2AMを持ち上げ、配送用トレイからモジュールを分離します。
  3. アルコール・クリーニング・パッドをご用意ください。
    重要
    プロセッサー上に古い熱伝導グリースがついている場合は、アルコール・クリーニング・パッドを使用して、慎重にプロセッサーの上部をクリーニングします。
  4. プロセッサーを L2AM に取り付けます。


    1. コールド・プレート・アセンブリー ラベルの三角形のマークを、プロセッサー・キャリアおよびプロセッサーの三角形のマークに合わせます。

    2. L2AM をプロセッサー・キャリアに取り付けます。

    3. 四隅のすべてのクリップがかみ合うまで、キャリアを所定の位置に押し込みます。

    ご使用のサーバーにプロセッサーが 1 個しか取り付けされていない場合 (一般にプロセッサー 1)、さらに取り付けを進める前に、プロセッサー 2 の空のプロセッサー・ソケットにカバーを取り付ける必要があります。
    図 1. プロセッサー・ソケット・カバーの取り付け

  5. プロセッサー L2AM をシステム・ボード・アセンブリーに取り付けます。


    1. 反傾斜ワイヤー・ベイルを内側に回転させます。

    2. コールド・プレート・アセンブリー の三角マークと 4 本の Torx T30 ナットを、三角マークとプロセッサー・ソケットのねじ付きポストに合わせ、コールド・プレート・アセンブリー をプロセッサー・ソケットに挿入します。

    3. ソケットのフックに収まるまで、反傾斜ワイヤー・ベイルを外側に回転させます。

    4. コールド・プレート・アセンブリー 及び ラジエーター示されている取り付け順序で Torx T30 ナットを完全に締めます。ねじを止まるまで締めます。次に、コールド・プレート・アセンブリー およびプロセッサー・ソケットの間にすき間がないことを目視で確認します。(参考までに、ナットを完全に締めるために必要なトルクは 0.9 ~ 1.3 ニュートン・メートル (8 ~ 12 インチ・ポンド) です。)

  6. モジュール・ハンドル (L2AM ヒートシンク・ブラケット)をモジュールから分離します。


    1. モジュール・ハンドル (L2AM ヒートシンク・ブラケット)上の 6 本のねじを緩めます。

    2. モジュール・ハンドル (L2AM ヒートシンク・ブラケット)を持ち上げてモジュールから分離します。

  7. 漏水検知モジュールをホルダーに取り付けます。


    漏水検知センサー・モジュール の動作状況については、漏水検知センサー・モジュール上の LEDを参照してください。
    1. ホルダーの 2 つのクリップに漏水検知センサー・モジュールを取り付けます。モジュールが所定の位置に固定されていることを確認します。
    2. モジュールが固定されたら、ケーブル・クリップを通してケーブルを配線し、後でケーブル配線を配置しやすいように整理してください。
  8. ファン 5 をファン・モジュールから取り外します。


  9. L2AM のポンプ 1 ケーブルをシステム・ボード・アセンブリーのコネクターに接続します。液体から空気モジュールを参照してください。
  10. システム・ファン 5 をファン・モジュールに再取り付けします。


    1. ファンの 4 つの角をファン・モジュール・ソケットに合わせて押し下げます。
    2. ファン・ラッチを下に押し、コネクターに差し込まれていることを確認します。
  11. サーバーをラックに取り付けるには、サーバーのラックへの取り付けを参照してください。

完了したら

部品交換を完了します。部品交換の完了を参照してください。

デモ・ビデオ

YouTube で手順を参照