メインコンテンツまでスキップ

システム・ボード・アセンブリーの交換 (トレーニングを受けた技術員のみ)

システム・ボード・アセンブリーの取り外しと取り付けを行うには、このセクションの説明に従ってください。

重要

このタスクの実行は、Lenovo Service によって認定済みのトレーニングを受けた技術員が行う必要があります。適切なトレーニングおよび認定を受けずに取り外しまたは取り付けを行わないでください。

サーバーが 液体支援冷却モジュール (LACM) 取り付け済みである場合で、システム・ボード・アセンブリーまたはプロセッサーの取り付けまたは取り外しが必要な場合は、まずLACMモジュール・ハンドル (LACM ヒートシンク・ブラケット)を適用する必要があります。ただし、古い LACM を新しいものと交換する際は、新しい パッケージに含まれているためモジュール・ハンドル (LACM ヒートシンク・ブラケット)LACMの申し込みは不要です。

注意
危険な稼働部品指や体の他の部分が触れないようにしてください。
This label indicates hazardous moving parts nearby and warns users and servicers to keep fingers and other body parts away.
注意

Attention/Caution/Danger icon, warning users and servicers of a hot surface nearby
ヒートシンクおよびプロセッサーは、高温になる場合があります。サーバー・カバーを取り外す前に、サーバーの電源をオフにし、サーバーが冷えるまで数分間待ちます。
次の図は、ファームウェアと RoT セキュリティー・モジュール、システム I/O ボードとプロセッサー・ボードが搭載されたシステム・ボード・アセンブリーのレイアウトを示しています。
図 1. システム・ボード・アセンブリーのレイアウト

1 Firmware and RoT Security Module2 システム I/O ボード3 プロセッサー・ボード