メインコンテンツまでスキップ

PCIe スロットおよび PCIe アダプター

このトピックでは、PCIe アダプターの取り付けの規則について説明します。

スロット構成

次の表は、各サーバー背面図の PCIe スロット構成を示しています。

*E: 空の状態
サーバー背面図PCIe スロット


ライザー 1 上のスロット 1 ~ 3:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 2 上のスロット 4 ~ 6:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 3 上のスロット 7 ~ 8:
  • x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

  • x8 (Gen 4/5)/x8 (Gen 4)



ライザー 1 上のスロット 1 ~ 3:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 2 上のスロット 4 ~ 6:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 3 上のスロット 7 ~ 8:
  • x8 (Gen 4)

ライザー 4 のスロット 9~10:
  • x8 (Gen 4)



ライザー 1 上のスロット 1 ~ 3:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 2 上のスロット 4 ~ 6:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)





ライザー 1 上のスロット 1 ~ 3:
  • x16/x8/x8 (Gen 4/5)

  • x16/x16/E (Gen 4/5)

  • E/x16 (Gen 4/5)/x16 (Gen 4)

ライザー 2 のスロット 6:
  • x16 (Gen 4)



ライザー 1 のスロット 3:
  • x16 (Gen 4)

ライザー 2 のスロット 6:
  • x16 (Gen 4)



ライザー 5 のスロット 11:
  • x16 (Gen 4)

ライザー 5 のスロット 12:
  • x16 (Gen 4)

  • x8 アダプターの x16 スロットより、x8 スロットの優先順位が高くなります。

  • 7mm ドライブ・ケージの取り付けの規則:

    • 8 つの PCIe スロットまたは 10 の PCIe スロットが搭載されたサーバー・モデルの場合、2FH+7mm SSD ドライブ・ケージをスロット 3 またはスロット 6 に取り付け可能ですが、両方に同時に取り付けることはできません。

    • 8 x 2.5 型/2 x 3.5 型背面ドライブ・ケージを搭載したサーバー・モデルの場合、いずれかの 7mm ドライブ・ケージを取り付け可能です。
      • 2FH+7mm SSD ドライブ・ケージ: スロット 3

      • 7mm SSD ドライブ・ケージ: スロット 6

    • 4 x 3.5 型背面ドライブ・ケージまたは GPU を搭載したサーバー・モデルの場合、ロー・プロファイル 7mm ドライブ・ケージはスロット 6 にのみ取り付け可能です。

    • 4 x 2.5 型 背面ドライブ・ケージが搭載されたサーバー・モデルでは、7mm ドライブ・ケージはサポートされません。

  • シリアル・ポート・モジュールの取り付けの規則:

    • 8 つの PCIe スロット、10 の PCIe スロットまたは 4 x 2.5 型 背面ドライブ・ケージが搭載されたサーバー・モデルの場合:

      • ライザー 1 とライザー 2 の両方が x16/x16/E ライザー・カードを使用し、7mm ドライブ・ケージがスロット 6 に取り付されている場合、スロット 3 にシリアル・ポート・モジュールを取り付けられます。7mm ドライブ・ケージが取り付されていない場合、スロット 6 にシリアル・ポート・モジュールを取り付けられます。

      • ライザー 1 が x16/x16/E ライザー・カードを使用するが、ライザー 2 が取り付けされていないか、x16/x16/E ライザー・カードを使用しない場合、7mm ドライブ・ケージが取り付けられていない場合、スロット 3 にシリアル・ポート・モジュールを取り付けられます。

      • ライザー 1 が x16/x16/E ライザー・カードを使用せず、ライザー 2 が x16/x16/E ライザー・カードを使用する場合、7mm ドライブ・ケージが取り付けられていない場合、スロット 6 にシリアル・ポート・モジュールを取り付けられます。

      • ライザー 1 とライザー 2 のどちらも x16/x16/E ライザー・カードを使用していない場合、シリアル・ポート・モジュールはサポートされません。

    • 8 x 2.5 型/2 x 3.5 型背面ドライブ・ケージを搭載したサーバー・モデルの場合:

      • ライザー 1 が x16/x16/E ライザー・カードを使用している場合、シリアル・ポート・モジュールをスロット 3 に取り付け、7mm SSD ケージをスロット 6 に取り付け可能です。

      • ライザー 1 が x16/x16/E ライザー・カードを使用していない場合、7mm ドライブ・ケージとシリアル・ポート・モジュールを同時に取り付けることはできません。7mm ドライブ・ケージが取り付けられていない場合、シリアル・ポート・モジュールをスロット 6 に取り付けられます。

    • 4 x 3.5 型背面ドライブ・ケージを備えたサーバー・モデルの場合、7mm ドライブ・ケージとシリアル・ポート・モジュールを同時に取り付けることはできません。7mm ドライブ・ケージが取り付けられていない場合、シリアル・ポート・モジュールをスロット 6 に取り付けられます。

    • ダブルワイドの GPU が搭載されたサーバー・モデルの場合、シリアル・ポート・モジュールは、7mm ドライブ・ケージが取り付いていない場合にのみスロット 6 に取り付けられます。

サポートされている PCIe アダプターとスロットの優先順位

次の表は、一般的な PCIe アダプターにおける推奨されるスロット取り付け優先順位を示しています。

PCIe アダプターサポートされる最大数推奨されるスロット優先順位
GPU アダプター
ハーフハイト、ハーフサイズ (HHHL) シングル・ワイド (SW) GPU: A28
  • FH ライザー 3 付き: 2、3、5、6、7、8、1、4

  • LP ライザー 3 付き: 2、3、5、6、1、4

  • ライザー 5 付き: 2、3、5、6、11、12、1、4

HHHL ダブル・ワイド (DW) GPU: A20003

2, 5, 7

フルハイト・フルサイズ (FHFL) ダブルワイド GPU: A16、A30、A40、A100、H100、A4500、A6000、MI2103

2, 5, 7

PCIe リタイマー・カード

ThinkSystem x16 Gen 4.0 Re-timer adapter (for 4x NVMe)

3

1, 3, 2, 4

ThinkSystem SR630/SR650 V3 x16 retimer (Gen5)

3

1, 2, 4

内部カスタム・フォーム・ファクター (CFF) RAID/HBA/エクスパンダー

5350-8i、9350-8i、9350-16i

1

PCIe スロットに取り付けられていません。

CFF RAID/HBA/エクスパンダー・アダプターは、前面バックプレーンとシステム・ボード間に取り付ける 2.5 型 ドライブ・ベイ・シャーシのみでサポート

440-16i、940-16i

ThinkSystem 48 port 12Gb Internal Expander

内部標準フォーム・ファクター (SFF) RAID/HBA アダプター

440-8i、540-8i、940-8i、4350-8i、5350-8i、9350-8i

4

2, 3, 5, 6, 1, 4

440-16i、540-16i、940-16i、4350-16i、9350-16i

2

940-32i

1
外部 RAID/HBA アダプター

430-8e、440-16e

10
  • FH ライザー 3 付き: 2、3、5、6、7、8、1、4

  • With LP riser 3 : 2、3、5、6、7、8、9、10、1、4

  • ライザー 5 付き: 2、3、5、6、1、4

940-8e

4
FC HBA アダプター
サポートされるすべての FC HBA アダプター10
  • FH ライザー 3 付き: 2、3、5、6、7、8、1、4

  • With LP riser 3 : 2、3、5、6、7、8、9、10、1、4

  • ライザー 5 付き: 2、3、5、6、1、4、11、12

NIC アダプター

ThinkSystem Broadcom 57508 100GbE QSFP56 2-port PCIe 4 Ethernet Adapter V2

ThinkSystem Broadcom 57504 10/25GbE SFP28 4-port PCIe Ethernet Adapter

ThinkSystem Intel E810-DA4 10/25GbE SFP28 4-port PCIe Ethernet Adapter

ThinkSystem Mellanox ConnectX-6 Dx 100GbE QSFP56 2-port PCIe Ethernet Adapter

6
  • FH ライザー 3 付き: 1、4、7、8、2、5

  • LP ライザー 3 付き: 1、4、2、5

  • ライザー 5 付き: 1、4、11、12、2、5

サポートされるその他すべての NIC アダプター10
  • FH ライザー 3 付き: 2、3、5、6、7、8、1、4

  • With LP riser 3 : 2、3、5、6、7、8、9、10、1、4

  • ライザー 5 付き: 2、3、5、6、1、4、11、12

InfiniBand アダプター

ThinkSystem NVIDIA ConnectX-7 NDR400 OSFP 1-port PCIe Gen5 Adapter

ThinkSystem Nvidia ConnectX-7 NDR200/HDR QSFP112 2-port PCIe Gen5 x16 InfiniBand Adapter

5
  • FH ライザー 3 付き: 1、4、7、2、5

  • LP ライザー 3 付き: 1、4、2、5

  • ライザー 5 付き: 1、4、2、5

Mellanox ConnectX-6 HDR100 IB/100GbE VPI 1-port x16 PCIe 3.0 HCA w/ Tall Bracket

Mellanox ConnectX-6 HDR100 IB/100GbE VPI 2-port x16 PCIe 3.0 HCA w/ Tall Bracket

Mellanox ConnectX-6 HDR IB/200GbE Single Port x16 PCIe Adapter w/ Tall Bracket

6
  • FH ライザー 3 付き: 1、4、7、8、2、5

  • LP ライザー 3 付き: 1、4、2、5

  • ライザー 5 付き: 1、4、11、12、2、5

  1. GPU アダプターの規則:

    • 取り付けられているすべての GPU アダプターが同一である必要があります。GPU の温度要件については、GPU 構成を参照してください。

    • GPU アダプター用のエアー・バッフルは GPU タイプによって異なります。詳細情報は、GPU の交換を参照してください。

    • GPU アダプターが取り付けられていない場合、中央のドライブ・ケージ、背面ドライブ・ケージ、または PCIe SSD カードはサポートされません。

    • GPU アダプターは、背面 4LP ライザーではサポートされません。

    • ダブル・ワイド GPU アダプターがスロット 5、2、または 7 に取り付けられている場合、隣接するスロット 4、1、または 8 はそれぞれ使用できません。

    • 3 つ以上の SFF RAID/HBA アダプターを取り付ける場合、最大 2 つの DW GPU がサポートされます。

    • 2 つの DW GPU を取り付ける場合、7mm ドライブはサポートされません。

  2. 内部ストレージ・コントローラーの取り付け優先順位は、次のとおりです: CFF RAID/HBA > 940 32i > Gen 4 HBA > Gen 4 RAID > Gen 3 HBA > Gen 3 RAID > 3 次モードの RAID。

  3. 内部 SFF RAID/HBA アダプターのルール:
    • RAID 940 シリーズまたは 9350 シリーズ・アダプターには、RAID フラッシュ電源モジュールが必要です。

    • 同一システム内での RAID/HBA 4350/5350/9350 アダプター (Gen 3) と RAID/HBA 440/540/940 アダプター (Gen 4) の混用は、許可されていません。

    • 同じ世代 (Gen 3 または Gen 4) に属している RAID/HBA アダプターは、同じシステムで混用できます。

    • RAID/HBA 4350/5350/9350 アダプターは、同じシステムの外部 RAID/HBA 440-8e/440-16e/940-8e アダプターを除いて、RAID/HBA 440/940/540 アダプターと混用することはできません。

    • RAID 940-8i または RAID 940-16i アダプターはトライモードをサポートします。トライモードが有効な場合、このサーバーは SAS、SATA、および U.3 NVMe ドライブを同時にサポートします。NVMe ドライブは、PCIe x1 リンクを介してコントローラーに接続されます。

      U.3 NVMe ドライブを使用したトライモードをサポートするには、XCC Web GUI を使用して、バックプレーン上の選択したドライブ・スロットで U.3 x1 モードを有効にする必要があります。有効にしないと、U.3 NVMe ドライブを検出できません。詳細については、U.3 NVMe ドライブは NVMe 接続で検出できるが、トライモードで検出できないを参照してください