メインコンテンツまでスキップ

エアー・バッフルの取り付け

以下の情報を使用して、エアー・バッフルを取り付けます。

  1. 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインをお読みください。

  2. 計算ノードのベゼルを手前に向けて、帯電防止されている平らな面に計算ノードを注意して置きます。
  3. 計算ノード・カバーを取り外します (手順については 計算ノード・カバーの取り外しを参照)。

エアー・バッフルを取り付けるには、次のステップを実行してください。

手順を参照してください。プロセスをビデオでご覧いただけます。
図 1. エアー・バッフルの取り付け
エア・バッフルの取り付けを示す図

エアー・バッフル・ピンを、シャーシ両側のピン・ホールに位置合わせし、システム・ボードのピン・ホールに合うようにエアー・バッフルを計算ノード内に下ろします。
エアー・バッフルを取り付ける前に DIMM コネクターの両端のラッチを閉じます。エアー・バッフルは、前面と背面の DIMM コネクターの間のスペースに収まります。DIMM ラッチが開いた状態でエアー・バッフルを取り付けようとすると、ラッチやエアー・バッフルが損傷する恐れがあります。
このエアー・バッフルを取り付けたら、以下のステップを実行します。
  1. 計算ノード・カバーを取り付けます (手順については 計算ノード・カバーの取り付けを参照)。

  2. 計算ノードをシャーシの中に取り付けます (手順については、計算ノードの取り付けを参照)。