メインコンテンツまでスキップ

冷却水の漏れの問題

以下の情報を使用して、L2AM (Lenovo Neptune 液体から空気モジュール) の冷却水の漏れの問題を解決します。

冷却水の漏れを識別するためのオプション

冷却水の漏れは次の方法で識別できます。

  • サーバーがリモート保守中の場合は、

    • Lenovo XClarity Controller イベントが以下を表示します。

      FQXSPUN0019M: Sensor Liquid Leak has transitioned to critical from a less severe state.

    • Lenovo XClarity Controller は IPMI センサーとして多数のシステム状態を定義しています。ユーザーは IPMI コマンドを使用して、システムの実行状態を確認できます。以下は、Intel の IPMI 標準に従ったオープン・ソース共通ツールである ipmitool の実行例です。図に示すように、コマンドラインを使用して冷却水の漏れの状態を確認します。

      パラメーター
      sel elist
      とともに表示されるイベント・ログ。

      Liquid Leak ׀ EAh ׀ ok ׀ 30.1 ׀ Transition to Critical from less severe

      冷却水の漏れが発生すると、上記のログが表示されます。パラメーター
      sdr elist
      を使用して、すべてのセンサーの状態を取得できます。
  • サーバーが手の届く範囲内にあり、前面オペレーター・パネル上のオレンジ色の LED が点灯している場合、潜在的な冷却水の漏れが発生する可能性があります。液体検知センサー・モジュール の LED ステータスを確認するには、トップ・カバーを開く必要があります。詳しくは、前面オペレーター・パネル上の LED とボタン および 漏水検知センサー・モジュールの LED を参照してください。

冷却水の漏れを解決する手順

液体検知センサー・モジュール 上の LED が緑色に点滅している場合は、以下の手順に従うことが役立ちます。

  1. ラジエーター、冷却水のパイプ、ポンプの周囲で緑の冷却水の漏れがないか確認します。

  2. 緑色の冷却水が見つかった場合、サーバーの電源をオフにして L2AM を取り外します。

  3. シャーシ内のすべてのコンポーネントから冷却水をクリーンアップします。ソケットまたは隙間に水分の兆候がないかサーバーを検査します。

  4. Lenovo サポートに連絡してください。