メインコンテンツまでスキップ

シリアル・ポート・モジュールの取り付け

シリアル・ポート・モジュールを取り付けるには、このセクションの説明に従ってください。

このタスクについて

重要
  • 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインおよび 安全検査のチェックリストをお読みください。

  • サーバーと周辺機器の電源をオフにし、電源コードとすべての外部ケーブルを取り外します。サーバーの電源をオフにするを参照してください。

  • 静電気の影響を受けやすいコンポーネントは取り付け時まで帯電防止パッケージに収め、システム停止やデータの消失を招く恐れのある静電気にさらされないようにしてください。また、このようなデバイスを取り扱う際は静電気放電用リスト・ストラップや接地システムなどを使用してください。

手順

以下の図のライザー・ブラケットの外観は、ご使用のライザー・ブラケットと異なる場合があります。取り付け手順は同じです。

  1. 新しいパーツが入っている帯電防止パッケージを、サーバーの外側の塗装されていない面に接触させます。次に、新しいパーツを帯電防止パッケージから取り出し、帯電防止板の上に置きます。
  2. (オプション) 5 mm レンチを使用して、シリアル・ポート・ケーブルをブラケットに取り付けます。
    図 1. シリアル・ポート・モジュールの組み立て
    Assembling the serial port module
    1. シリアル・ポート・ケーブルのコネクターをブラケットの穴と位置合わせします。
    2. 2 本のねじを取り付けてケーブル・コネクターをブラケットに固定します。
  3. シリアル・ポート・モジュールをライザー・ブラケットに取り付けます。
    図 2. シリアル・ポート・モジュールの取り付け
    Installing the serial port module
    1. シリアル・ポート・モジュールをライザー・ブラケットに位置合わせし、ライザー・ブラケットに挿入します。
    2. ブラケット・ラッチを閉じて、シリアル・ポート・モジュールを固定します。
  4. ライザー・アセンブリーをサーバーに元どおり取り付けます。
    図 3. ライザー・アセンブリーの取り付け
    Installing the riser assembly
  5. システム・ボード・アセンブリーのシリアル・ポート・コネクターにシリアル・ポート・モジュールのケーブルを接続します。コネクターの位置については、システム・ボード・アセンブリー・コネクターを参照してください。

完了したら

  1. 部品交換を完了します。部品交換の完了を参照してください。

  2. シリアル・ポート・モジュールを有効にするには、インストールされているオペレーティング・システムに応じて以下のいずれかの操作を行います。
    • Linux オペレーティング・システムの場合:

      Ipmitool を開き、次のコマンドを入力して Serial over LAN (SOL) 機能を無効にします。

      -I lanplus -H IP -U USERID -P PASSW0RD sol deactivate

    • Microsoft Windows オペレーティング・システムの場合:

      1. Ipmitool を開き、次のコマンドを入力して SOL 機能を無効にします。

        -I lanplus -H IP -U USERID -P PASSW0RD sol deactivate

      2. Windows PowerShell を開き、次のコマンドを入力して Emergency Management Services (EMS) 機能を無効にします。

        Bcdedit /ems no

      3. サーバーを再起動して EMS 設定が反映されたことを確認します。

デモ・ビデオ

YouTube で手順を参照