メインコンテンツまでスキップ

メモリー・モジュールの取り付け順序

メモリー・モジュールは、計算ノードに実装されたメモリー構成と、計算ノードに取り付けられているプロセッサー数とメモリー・モジュール数に基づいて、特定の順序で取り付ける必要があります。

メモリー取り付けの要件:

  • 各 DIMM のラベルは、DIMM のタイプを識別します。この情報は、xxxxxnRxxx PC4-xxxxx-xx-xx-xxxという形式です。n は、DIMM が single-rank (n=1) または dual-rank (n=2) であるかを示します。

  • プロセッサーごとに最低 1 つの DIMM が必要です。十分なパフォーマンスを得るために、プロセッサー当たり最低 6 個の DIMM を取り付けてください。

  • 次の表には、異なるタイプの DIMM の実行可能な組み合わせがすべて含まれています。

    表 1. DIMM の互換性
    DIMM タイプRDIMMLRDIMM3DS RDIMM
    RDIMMVXX
    LRDIMMXVX
    3DS RDIMMXXV
  • DIMM を交換すると、計算ノードは DIMM の自動有効化機能を提供するため、Setup Utility を使用して新しい DIMM を手動で有効にする必要はありません。

重要
  • x4 および x8 DIMM の同じチャンネル内での混用は許可されています。

  • 最適なパフォーマンスを実現するために、同じ速度の DIMM を取り付けてください。そうしないと、BIOS がすべてのチャネルで最低のスピードを見つけて実行します。

  • 最も遠い DIMM スロット、次に最も近い DIMM スロットの順に、常に最大のランク数を DIMM に設定します。