メインコンテンツまでスキップ

プロセッサー・ボードの取り外し

このセクションの手順に従って、プロセッサー・ボードを取り外します。

このタスクについて

プロセッサー・ボードは、システムのさまざまなコンポーネントまたは周辺機器を接続して通信するためのさまざまなコネクターまたはスロットを備えています。ボードと保持用シート・メタルは、システム・ボード・アセンブリーのベースを形成します。プロセッサー・ボードに障害が発生した場合は、交換する必要があります。

重要
  • 安全に作業を行うために、取り付けのガイドラインおよび 安全検査のチェックリストをお読みください。

  • サーバーと周辺機器の電源をオフにし、電源コードとすべての外部ケーブルを取り外します。サーバーの電源をオフにするを参照してください。

  • 静電気の影響を受けやすいコンポーネントは取り付け時まで帯電防止パッケージに収め、システム停止やデータの消失を招く恐れのある静電気にさらされないようにしてください。また、このようなデバイスを取り扱う際は静電気放電用リスト・ストラップや接地システムなどを使用してください。

手順

  1. サーバーを準備します。
    1. トップ・カバーを取り外します。トップ・カバーの取り外しを参照してください。
    2. ご使用のサーバーにエアー・バッフルが付属している場合は、まずそれを取り外します。エアー・バッフルの取り外しを参照してください。
    3. ご使用のサーバーに背面ドライブ・アセンブリーが付属している場合は、まずそれを取り外します。2.5 型背面ドライブ・アセンブリーの取り外しを参照してください。
    4. 各ケーブルがシステム・ボード・アセンブリーのどこに接続されているかを記録してから、すべてのケーブルを切り離します。
      重要
      事前にケーブル・コネクターのすべてのラッチ、ケーブル・クリップ、リリース・タブ、またはロックを外しておきます。ケーブルを取り外す前にそれらを解除しないと、システム・ボード・アセンブリー上のケーブル・コネクターが損傷します。ケーブル・コネクターが損傷すると、システム・ボード・アセンブリーの交換が必要になる場合があります。
    5. システム・ボード・アセンブリーに取り付けられている以下のコンポーネントをすべて取り外し、帯電防止された安全な場所に置きます。
    6. パワー・サプライをそっと引き出します。システム・ボード・アセンブリーから切り離されていることを確認します。
  2. システム・ボード・アセンブリーをシャーシから取り外します。
    図 1. システム・ボード・アセンブリーの取り外し
    system board assembly removal

    1. リフト・ハンドル 1 を持ちながら同時にリリース・ピン 2 を持ち上げ、システム・ボード・アセンブリーをサーバー前方にスライドさせます。
    2. システム・ボード・アセンブリーを持ち上げてシャーシから取り出します。
  3. 「ファームウェアおよび RoT セキュリティー・モジュールの取り外し」は、Firmware and RoT Security Module の取り外し を参照してください。
  4. システム I/O ボードの取り外しについては、システム I/O ボードの取り外しを参照してください。
図 2. プロセッサー・ボード

プロセッサー・ボードには、保持用シート・メタルが付属しています。これ以上の取り外しは不要です。

完了したら

重要

システム・ボード・アセンブリーを返却する前に、プロセッサー・ソケットがふさがれていることを確認してください。新しいシステム・ボード・アセンブリーのプロセッサー・ソケットをふさいでいるプロセッサー外部キャップがあります。プロセッサー外部キャップを新しいシステム・ボード・アセンブリーのプロセッサー・ソケットからスライドさせて取り外し、取り外したシステム・ボード・アセンブリーのプロセッサー・ソケットに外部キャップを取り付けます。

システム・ボード・アセンブリーをリサイクルする場合は、リサイクルのためのハードウェアの分解の説明に従って、地域の規制に準拠してください。

デモ・ビデオ

YouTube で手順を参照